カテゴリー別アーカイブ: 素数探索プログラム

C++によるエラトステネスの篩の実装

こんにちは、Sayahamittです。

2月中旬は本州太平洋側が二度の記録的な大雪に見舞われ、我が家も慣れない雪かきに追われました。

雪かきをしてしまった後、やることもないので久々に素数に遊ばれようかと思った次第です。(とても素数で遊んだ、と言えるレベルじゃない(´・ω・`)

さて、素数を求めるアルゴリズムは幾通りもありますが、今回は素数探索アルゴリズムの代表格であるエラトステネスの篩を素直に、バカ正直に実装してみたので覚書程度に記事にします。

C++で、と銘打ってありますが楽をするためにC++を使っただけです。本当はC言語で書くべきである程度のコードしか書いていませんがご容赦ください。

続きを読む

10兆までの素数を求める 其二

※この記事は以前のブログから移植したものです。

こんにちは、Sayahamittです。

素数探索プログラムがようやく進展しました。

受験生がこの時期に何をやっているんだと言われてしまいそうですが気にしません、

それ故の更新スパンの遅さ…です。

続きを読む

10兆までの素数を求める 其一

こんにちは、Sayahamittです。

前ブログから記事を移植してきました。ついでにSyntaxHighlighterも設置してみたり…

syntaxHighlighterは設置するのも使うのも簡単で良いですね!!

それでは以下記事です。

 

 

ITproの記事を漁っていたら『10兆までの素数のリストを作ってみませんか?』なんてそそるエントリを見つけちゃいました。

なんでも、10兆まで素数を求めるとなると巨大な変数の扱いや大きなテキストファイルの出力、演算の並列化などが必要になるのでプログラマとしての基本的な技能が試されるとのこと。

時間も無いし見習いC++erだけど、 地味にやってけば技術が身につくのではないかという儚い希望のもとに挑戦してみることにしました。

続きを読む